吉田修一「犯罪小説集」実際の犯罪事件をベースに描かれた短編集 感想

吉田修一「犯罪小説集」実際の犯罪事件をベースに描かれた短編集 感想

著者
吉田修一
説明
「悪人」「怒り」「横道世之介」吉田修一の実際の犯罪事件をベースに描かれた短編集「犯罪小説集」を読んだ感想です。

リアルなディザスター・パニック映画「コンテイジョン」感想

リアルなディザスター・パニック映画「コンテイジョン」感想

コンテイジョン
Contagion
2011年 / アメリカ / 105分

監督/スティーブン・ソダーバーグ
出演/マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロー、ケイト・ウィンスレット

ジブリのアニメーター回顧録「エンピツ戦記 誰も知らなかったスタジオジブリ」感想

ジブリのアニメーター回顧録「エンピツ戦記 誰も知らなかったスタジオジブリ」感想

著者
舘野 仁美、平林 享子(構成)
説明
スタジオジブリに嫁いだアニメーターの27年間。スタジオジブリのアニメーター舘野仁美の回顧録「エンピツ戦記 誰も知らなかったスタジオジブリ」を読んだ感想です。

圧倒的映像美・映画「レヴェナント 蘇えりし者」感想・解釈

圧倒的映像美・映画「レヴェナント 蘇えりし者」感想・解釈

レヴェナント 蘇えりし者
The Revenant
2015年 / アメリカ / 156分

エミリー・ブラント主演・映画「ボーダーライン」感想

エミリー・ブラント主演・映画「ボーダーライン」感想

ボーダーライン
Sicario
2015年 / アメリカ / 121分

監督
ドゥニ・ヴィルヌーヴ

キャスト
エミリー・ブラント(ケイト・メイサー)、ベニチオ・デル・トロ(アレハンドロ)、ジョシュ・ブローリン(マット・グレイヴァー)

ストーリー
アメリカとメキシコの国境地帯が舞台。
メキシコで日常的に誘拐事件などを行っている麻薬カルテル(コロンビアの犯罪組織)を追う極秘作戦にCIAのマット・グレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)が指名したのは、FBI捜査官のケイト・メイサー(エミリー・ブラント)だった。
得体の知れないコロンビア人のアレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)らと共に作戦に参加するが、ケイト・メイサー(エミリー・ブラント)はCIAの本当の狙いを知らされぬまま、麻薬カルテルを追って行った先には…

河瀬直美監督作品・映画「あん」感想

河瀬直美監督作品・映画「あん」感想

あん
2015年 / 日本 / 113分
ストーリー
桜の咲き乱れる通りにある小さなどら焼き屋で、千太郎(永瀬正敏)は雇われ店長としてどら焼きを焼いていた。
ある日、徳江(樹木希林)がどら焼き屋で仕事をさせて欲しいと訪れる。その時に手渡された徳江の作った「あん」はとても美味しかった。千太郎は、徳江が50年も作り続けてきた「あん」に感服し、始めは徳江をあしらっていた千太郎だが一緒に働き始める。
美味しくて評判になったどら焼きを求めて客足も増えていくが、ある日店のオーナー夫人(浅田美代子)が千太郎に徳江はハンセン病ではないかと伝える。

アカデミー賞作品賞・映画「スポットライト 世紀のスクープ」感想

アカデミー賞作品賞・映画「スポットライト 世紀のスクープ」感想

スポットライト 世紀のスクープ
SPOTLIGHT
2015年 / アメリカ / 128分
ストーリー
2001年のボストンが舞台。日刊紙「ボストン・グローブ」はマーティ・バロン(リーヴ・シュレイバー)を新編集長として迎えます。
新編集長マーティ・バロンは「ボストン・グローブ」で汚職や手抜き工事などを取材しているチーム「スポットライト」のウォルター・ロビンソン(マイケル・キートン)にある事件の調査をして記事にすることを指示します。
それは、カトリック司祭による子供への性的虐待事件でした。
取材チーム「スポットライト」のメンバー(マーク・ラファロ、レイチェル・マクアダムスなど)は、進行中の調査、取材を中断して、カトリック司祭児童性的虐待事件に取り掛かります。調査、取材をしていく中でカトリック教会の巨大な権力による圧力や妨害に遭いながらも、次第に事件の全容を掴んでいきますが…

アカデミー賞主演女優賞・映画「ルーム」感想

アカデミー賞主演女優賞・映画「ルーム」感想

ルーム
2015年 / カナダ・アイルランド / 118分
ストーリー
5歳になる男の子ジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)はママ・ジョイ・ニューサム(ブリー・ラーソン)と一緒に暮らしていた。一緒に暮らしていた場所は、普通の家ではなく、暗証番号の必要な鍵を掛けられ、自由に外に出ることを許されない小さな小屋「部屋」だった。
当時17歳だったママ・ジョイ・ニューサムは、この「部屋」を所有する男に誘拐、監禁され、そこでの生活を強いられていた。
5歳の誕生日を迎えるジャックは、生まれてから「部屋」の外に出たことがない。ママは、ある計画を立て、息子のジャックと共にこの監禁されている「部屋」からの脱出を試みる。

配信動画紹介・映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」

配信動画紹介・映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」

リップヴァンウィンクルの花嫁
2016年 / 日本 / 180分
ナビ
3月26日の映画劇場公開と同時に、動画配信限定バージョンの公開がスタートしました。
「リップヴァンウィンクルの花嫁」が、自宅で手のひらの中で、夕暮れ時でも真夜中でも、いつだってどこでだって誰とだって観れますので、是非この機会に。

舞台挨拶レポート・映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」

舞台挨拶レポート・映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」

リップヴァンウィンクルの花嫁
2016年 / 日本 / 180分
ナビ
映画公開初日3月26日(土)舞台挨拶に行ってきました。
岩井俊二監督、主演の黒木華、綾野剛、Coccoの4人が舞台に登壇して挨拶がありましたので、その時に感じたことを書いています。