黒木華写真集 映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』より

リップヴァンウィンクルの花嫁

2016年 / 日本 / 180分

監督・脚本・原作

岩井俊二

 

キャスト

黒木華(皆川七海)、綾野剛(安室行舛)、Cocco(里中真白)、原日出子(鶴岡カヤ子)、地曵豪(鶴岡鉄也)、和田聰宏(高嶋優人)、金田朋夫(皆川博徳)、毬谷友子(皆川晴海)、夏目ナナ(恒吉冴子)、りりィ(里中珠代)

 

ストーリー

SNSで知り合い結婚することになった派遣教員の皆川七海(黒木華)は、親族が少ないことを気にして、何でも屋の安室(綾野剛)に結婚式の代理出席を依頼して式を挙げる。
新婚早々に夫の浮気を疑い、浮気相手の恋人と名乗る男が現れ、再び何でも屋の安室に相談して調査を依頼するが、真相を知り、追い討ちをかけるような仕打ちを受け、失意の底に沈んでいく七海。
そんな七海に安室は親身に相談に乗り、月給100万円のメイド業を斡旋する。

 

映画公開初日・3月26日(土)舞台挨拶レポート

昨日(3/26)の新宿シネマバルト9、15:40上映の回に行ってきました。
この回の映画上映前には、岩井俊二監督、主演の黒木華綾野剛Coccoの4人が舞台に登壇して挨拶がありました。

 

先日(3/16)の映画完成披露上映会にも行きましたので、今回は劇場鑑賞2回目です。
前回は、岩井俊二監督と黒木華の二人(司会進行は、元NHKアナウンサーの堀潤でした。)だけでしたので、主要なキャストの3人が揃うのは昨日の回だけだったようです。

 

 


 

 

岩井俊二監督は、舞台挨拶やトークショーなどで何度も目にしているので、物腰の柔らかそうな雰囲気といつもの長髪、メガネ、黒系の洋服でした。やっぱり岩井俊二が作り出す作品のファンとしても、岩井俊二その人のファンとしても、何だか妙に魅かれる雰囲気があって好きですね。

 

黒木華は、関西出身の女優さんです。
時々、ぽろっと関西弁が出てしまってましたが、あの丸みのあるキュートな声で関西弁を発したら反則ですよね。ますます好きになっちゃうじゃないですか。
黒木華は、世間的には「昭和顔」と言われているようですが、実際の姿を目にすると全然そんな昭和だなんて古臭い感じを受けませんでした。もちろん、衣装や役柄のイメージはあると思いますけど。

 

Coccoは、相変わらず不思議な人でした。
彼女は沖縄出身なので、黒木華の関西弁同様、沖縄の独特のしゃべり方と不思議な発言で会場を沸かせてました。

 

それで、綾野剛ですね。
これがまた、ちょっとね、僕は怒ってます。本当に。

 

綾野剛は、安室行舛という何でも屋を演じていますが、その何でも屋として、今回の舞台挨拶の司会進行をしてました。
パープル色のスーツでした。おまけに、たぶん今は「新宿スワン2」の撮影なんでしょう、金髪だったので一見ただのチンピラでしたね。
岩井俊二監督と黒木華はたどたどしい感じで、Coccoは不思議ちゃんなので、そこはしっかりと綾野剛がそれぞれに今の気持ちや撮影の時のエピソードなどを質問していました。
アナウンサーが司会進行するのとは違って、スムーズな進行ではなかったですが、一緒に映画を作った仲間内での会話的な感じで、言葉が被ってしまったりなどありましたが、和やかな雰囲気で舞台挨拶を終えました。

 

綾野剛は良いですね。
顔が鋭い感じなので、映画とかでは犯人の役柄だったり、クラブのスカウトマンだったりが似合いますけど、普通にその辺にいるような人の良いお兄さんという感じで、自然な雰囲気があって、ますます好きになりました。

 

岩井俊二監督、黒木華、綾野剛、Coccoが舞台を降りていく時に、綾野剛だけが客席に向かって、深々と頭を下げて舞台袖へと消えていったのは、すごく印象に残りました。
色んな映画やドラマ、CMにと引っ張りだこなのは、綾野剛のそういう礼儀正しさや人柄に依るところが大きいのかもしれませんね。

 

で、始めに怒っていると書きましたが、この後のことです。
さぁ、いよいよ映画が始まるぞって時のことですよ。
僕の隣に座っていたおばさんが、何やらごそごそと荷物をまとめ始めて、席を立ったじゃありませんか。これから映画が上映されるのに、所々で客席を立ち、そそくさと帰り出す人がいるじゃありませんか。
心の中で、がらにもなく「ちょっ、待てよ!」と言ってましたよ。

 

隣の人は、舞台挨拶が始まったと同時に双眼鏡を取り出して舞台をじっくりと見てましたよ。こういう人はよくいますよね。別にいいですよ。綾野剛の一挙手一投足を目に焼き付けて、ヒゲの剃り残しや衣装のほつれとかまで舐めるように見つめて、双眼鏡ごしに目が合ったりとかね。
僕だってね、黒木華の隅々まで見たいですよ、そりゃ。
でも、そういう場じゃないですよね。だって、僕らは映画を観に来てるんですから。「リップヴァンウィンクルの花嫁」を観に来てるんですから。

 

まぁ、自分のお金を払って、ヤフオクとかで高いチケット代払って来てるんでしょうから、映画がつまらなければ途中で席を立とうが、それは観客の自由ですよ。
でも、せっかく来たんだから観て行ってくださいよ、せめて少しくらいは映画観て行ってくださいよ。
それじゃあ、綾野剛は喜んでくれませんよ。
あの大きなスクリーンには綾野剛の表情がアップで映りますし、声だって大音量で聞けるわけですし、クライマックスでは綾野剛のぶっとんだ演技も観れますしね。おまけに、一瞬口元からこぼれるよだれやスッポンポンのかわいいお尻も見れるんですから、ファンなら何度だってずっとだって見ていたいじゃないですか。

 

以前、山田洋次監督「母と暮らせば」の舞台挨拶がある上映でも怒っている人がいましたね。主演の二宮和也らが去った後は、映画を観ずに客席前方の人たちがごっそり帰っていっちゃったようですね。
こういうのって、よくあるんでしょうか。

 

何だか残念ですね。
「リップヴァンウィンクルの花嫁」に限らず、映画には色んな人が関わっています。想像するよりはるかに色んな人が関わっています。それは、色んな人の労力や時間が費やされています。莫大なお金がかかりますし、俳優だって適当に涙を流して演じているわけではないですしね。
そうして、やっとのことで映画の公開にこぎつけて上映されるその場にその時間に居合わせられるというだけでとても幸せなことだと、僕は思います。

 

舞台挨拶で岩井俊二監督がこう言って挨拶をしていました。
今日は僕の大事な’娘’を嫁にやる日です。観客の皆さんが新郎ということで。このふつつかな娘をよろしくお願いします。
映画制作に関わる人たちにとっては、自分の子供のように大事なものを送り出す門出の瞬間であり、大切な瞬間です。
だから、観客として、新郎として、「リップヴァンウィンクルの花嫁」の嫁ぎ先として、しっかりと受け止めたいものです。

 

 

それにしても、映画が終わってからパンフレット、サウンドトラックCDを買おうと思ってたんですが、他の映画の公開もあって長蛇の列になっていて諦めました。
ですので、また近々映画館で劇場鑑賞3回目に行ってこようと思います。パンフレット、サウンドトラックCDは、その時にでも。
次回は不快な思いをしないで観られそうです。

9月2日にDVD、Blu-rayが発売されます。
岩井俊二監督最高傑作の「リップヴァンウィンクルの花嫁」を手元に置いておけるなんて、なんて幸せなことなんでしょうか。

リップヴァンウィンクルの花嫁 プレミアムボックス [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2016-09-02)
売り上げランキング: 617
「リップヴァンウィンクルの花嫁」配信限定版
(2016-03-26)
売り上げランキング: 7,185
リップヴァンウィンクルの花嫁
岩井 俊二
文藝春秋
売り上げランキング: 2,687