レヴェナント:蘇えりし者  (字幕版)

レヴェナント 蘇えりし者

The Revenant
2015年 / アメリカ / 156分

 

監督

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ

 

出演

レオナルド・ディカプリオ(ヒュー・グラス)
トム・ハーディ(ジョン・フィッツジェラルド)
ドーナル・グリーソン(ジム・ブリッジャー)
フォレスト・グッドラック(ホーク)
ジョン・バーンサル(テッド)

 

撮影

エマニュエル・ルベツキ

 

音楽

坂本龍一
アルヴァ・ノト

 

ストーリー

西部開拓時代の極寒のアメリカ北西部が舞台。
狩猟の最中にネイティブアメリカンたちに襲われヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)らは命からがら逃げ延び、船で川を下っていく。ヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は、ネイティブアメリカンの妻との間にできた息子ホーク(フォレスト・グッドラック)と行動を共にしていた。
村へ戻るために一行は、船を降り、山を越えていくルートを選ぶ。
道中、野営していた場所の周囲を見回るためヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は一人で森の中を散策していた時に突然熊に襲われ瀕死の重傷を負ってしまう。

 

レヴェナント 蘇えりし者 (ハヤカワ文庫NV)
マイケル・パンク
早川書房
売り上げランキング: 9,490

 

 

ナビ

第88回アカデミー賞の「監督賞」「主演男優賞」「撮影賞」で見事オスカーの栄冠に輝きました。

 

監督賞のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥは、「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に続き連続で2回の受賞です。
撮影賞のエマニュエル・ルベツキは、「ゼロ・グラビティ」「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に続き3回連続での受賞しています。

 

主演のレオナルド・ディカプリオは、これまで5回ノミネートされながらオスカーを手にすることができなかった経緯がありますので、今回は悲願の最優秀主演男優賞に輝き注目されました。

 

ゴールデングローブ賞、ボストン映画批評家協会賞、英国アカデミー賞など多数の栄冠に輝いています。

 

 
 

感想・鑑賞ポイント

ネタバレしていますのでご注意ください。

 

映画「レヴェナント 蘇りし者」は、邦題のサブタイトルにもあるようにレオナルド・ディカプリオ(ヒュー・グラス)が死の淵に幾度も落とされますが、そこから何度も蘇り壮絶に生にしがみつく男を演じています。

 

ストーリーはごくシンプルです。
レオナルド・ディカプリオ(ヒュー・グラス)の息子ホーク(フォレスト・グッドラック)が、ジョン・フィッツジェラルド(トム・ハーディ)にレオナルド・ディカプリオの目の前で命を奪われてしまい、その復讐を果たすべく、幾度も死に至ってもおかしくない状況に陥りますが、這い上がり復讐を果たす、というストーリーです。

 

映画の舞台が西部開拓時代だったり、ネイティブアメリカンのことだったり、映画のテーマを深く理解するために宗教的な知識や聖書の内容だったり、それぞれの知識があるとより映画「レヴェナント 蘇りし者」を楽しめると思います。
でも、それらの知識やストーリーを細かく深く理解していなくても十分に楽しめる映画です。

 

アカデミー最優秀作品賞「スポットライト 世紀のスクープ」がほぼ全編会話でストーリーが進行していきますが、全く真逆の作品です。
映画「レヴェナント 蘇りし者」は、とにかく体を使ったアクションの連続でストーリーが進行していきます。アクションと言っても筋肉バカなアクションではなく、レオナルド・ディカプリオの苦痛に歪む表情、獣のような眼、動かない足を懸命に引きずって這う体、口元を真っ赤に染めながら生肉を食べたり、獣と人間との正に生きるか死ぬかの格闘を繰り広げる体と体、など全編に渡って体の全身を使ったアクションがストーリーを紡いでいきます。
ストーリーについて深く考える必要はなく、いえ、深く考えている余裕もないくらいに壮絶なシーンが連続します。目の前に映し出されるシーンにただただ圧倒されていればいつの間にか映画はエンドロールを迎えています。

 

きっと映画を見終わった後は、疲労していると思います。2時間とちょっとの間ただ座ってスクリーンを見ていただけなのに、鑑賞後はぐったりしているのではないでしょうか。そのくらい凄まじいものを観たなと思うはずです。もはや、映画鑑賞ではなく、映画体験と言っても良いくらいです。

 
 

圧倒的映像美・映画「レヴェナント 蘇えりし者」感想・解釈

 
 

ポイント1

映画館のIMAXで鑑賞しましたが、できることなら映画「レヴェナント 蘇りし者」は映画館で観ることをお勧めします。
映画「レヴェナント 蘇りし者」の撮影を担当し、今作を含めて3回連続でアカデミー最優秀撮影賞に輝くエマニュエル・ルベツキが映し出す圧巻の映像美は目の前いっぱいに広がるスクリーンで観るべきです。それが難しければ、できるだけ大きな画面で鑑賞してください。

 

映像がとにかくただただ美しいです。
アメリカ北西部の圧倒的な自然。吹雪の凍てつくような寒さや冬の河の痛みを通り越すような冷たさ、木々の間から差し込まれる日の光の神々しさ。人間なんて無力なちっぽけな存在だとまざまざと見せつけるような自然の大きさ、広さ、凶暴さ、深さ、美しさが余すところなく映し出されます。

 

エマニュエル・ルベツキと言えば、得意の長回しです。その効果が発揮されているシーンでは、実際にその場にいるかのような錯覚を覚えました。
映画冒頭にネイティブアメリカンが、レオナルド・ディカプリオらの野営地を襲うシーンがあります。四方から矢が飛んでくる混乱の中を、人物と一緒にカメラも動き回ります。カメラの死角から矢が飛んできては目の前の仲間が射られたり、どこから矢が飛んでくるかわからないような状況なので、突然カメラの目の前を矢が掠めていく時にはビクッと思わず身を仰け反ってしまいました。スリラーとホラー映画を観ていてもちょっとやそっとでは動じないんですが、この時はビクッとした自分自身にも驚いてしまいました。

 

そのくらい映画「レヴェナント 蘇りし者」は、圧倒的な美と臨場感、迫力に満ちた映像で語られる映画です。

 
 

ポイント2

さすがにアカデミー最優秀主演男優賞を獲得しただけあって、レオナルド・ディカプリオの演技は鬼気迫るものを感じて圧倒されます。
レオナルド・ディカプリオは、瀕死の状態になり死の淵に叩き落されても這い上がっていきます。尋常ではない力で生にしがみつきます。その原動力になるのが、目の前で息子の命を奪ったトム・ハーディへの「復讐」です。
復讐心に突き動かされ生きようとする様は、壮絶な表情や痛々しい体全体で表現され、途轍も無い迫力となって迫ってきます。

 

バイソンの生肉を食べたり、激痛の走る体を引きずって雪の上を這って行ったり、息子の仇であるトム・ハーディとの死闘など、全編を通して凄まじいですが、強く印象に残ったシーンは熊との格闘シーンです。

 

このシーンも長回しです。
大抵の映画では、こういうCGを使用しているシーンは粗を隠すために細かくカットを割ったりすると思いますが、大胆にも長回しが使用されています。長回しによって、時間が経てば経つほど、これからどうなるんだろう、どのタイミングでカットが切り替わるんだろうと、緊張感が増してきます。

 

最近のCG技術はすごいですね。CGの熊だとわかってはいても本当に熊がレオナルド・ディカプリオを襲っているようなシーンになっていて、普通に怖かったですしハラハラしました。あまりにもよくできているので、その凄さ加減が度を越えていて、逆に何だか可笑しくなってきて思わず笑っちゃいましたね。もちろん、良い意味で、笑ってしまうくらいに凄いということですね。

 
 

圧倒的映像美・映画「レヴェナント 蘇えりし者」感想・解釈

 
 

ポイント3

忘れてはならないのが、音楽です。
あまり話題になっていないのではないかと思っていますが、映画「レヴェナント 蘇りし者」の音楽を担当したのは坂本龍一です。
これまで正直そこまで注目したことはありませんでした。坂本龍一と言えば、自身も役者として出演している「戦場のメリークリスマス」やアカデミー賞を受賞しているベルナルド・ベルトルッチ監督作品「ラストエンペラー」くらいのもので、正直今作で音楽にクレジットされていても、ふ〜ん程度でした。

 

でも、映画が始まり、音楽が流れた途端、坂本龍一の音楽をきちんと聴いてこなかった自分を恥じました。
まず、素直に素晴らしいと思いました。アカデミー賞で賞を受賞している作品だからでもなく、坂本龍一のネームバリューがあったからでもなくです。
美麗な映像と上手く相まって、音楽が主張し過ぎず、埋もれ過ぎず、絶妙なバランスで且つ美しい音楽。
何とも上手く表現できないんですが、これが映画音楽だよなと思いました。昔から知っているような映画音楽らしい音楽で、かと言って古臭いとかではなく、王道の映画音楽とでも言ったら良いでしょうか。

 

映画のサウンドトラックCDは、映画を観ていた時は素晴らしい音楽のように聴こえていたのに、いざCDで音楽だけになるとその良さが半減して、やはり映像あってこその音楽だなと思うことはこれまで多々ありました。
でも、今回は良い意味で裏切ってくれそうです。

 

オリジナル・サウンドトラック盤「The Revenant(蘇えりし者)」
坂本龍一、アルヴァ・ノト、ブライス・デスナー
commmons (2016-02-24)
売り上げランキング: 2,318

 
 
 

ポイント4

まだ整理がついておらず、どう解釈して良いのかわからないのですが、気になった点を書き残しておきます。

 

レオナルド・ディカプリオが関わる死と再生・蘇生についてです。

 

それぞれのシーンに共通すること、ルールのようなものがありました。
自分なりに解釈してみました。
地面の穴、木枝の小屋、馬の体内。どれも円状、丸い形をしていて、どれもレオナルド・ディカプリオがその中に入っています。ですので、子宮のイメージではないでしょうか。
地面の穴とか小屋(子宮)から出る(産まれる)、つまり、子宮に回帰して再び産まれる、ということで、再生する、ということなんでしょうか。
そうすると、何かが生まれることで何かが死んで、その逆もあって、レオナルド・ディカプリオが再生するために、何かの死と引き換えに再生する、もしくは、何かの死が巡って新しい命が生まれる、ということを表しているのかもしれません。

 

もし、こんな解釈もあるのでは、などありましたら是非メッセージとかいただけたら幸いです。
映画「レヴェナント 蘇りし者」のストーリーはシンプルですが、映画の各所に散りばめられた意味を考えていくと、また違った映画に見えてきそうですね。

 

シンプル故に様々な見方や解釈ができる映画であると同時に、シンプル故の圧倒的な強さ、圧倒的な美しさを持った映画が「レヴェナント 蘇りし者」だと思います。

 
 

レヴェナント:蘇えりし者  (字幕版)
(2016-07-27)
売り上げランキング: 7,864
レヴェナント:蘇えりし者 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2016-08-24)
売り上げランキング: 124