市川崑監督作品・映画「犬神家の一族」感想

犬神家の一族

1976年 / 日本 / 146分
 

監督

市川崑
 

原作

横溝正史
 

犬神家の一族 (角川文庫―金田一耕助ファイル)
横溝 正史
角川書店
売り上げランキング: 9,939

 

キャスト

石坂浩二(金田一耕助)
島田陽子(野々宮珠世)
あおい輝彦(犬神佐清/青沼静馬)
高峰三枝子(犬神松子)
草笛光子(犬神梅子)
三条美紀(犬神竹子)
川口晶(犬神小夜子)
坂口良子(ホテル女中)
大滝秀治(大山神官)
加藤武(橘警察署長)
岸田今日子(宮川香琴)
小沢栄太郎(古館恭三)
三國連太郎(犬神佐兵衛)
 

ストーリー

一代で莫大な財産を築いた財界の大物である犬神佐兵衛(三國連太郎)が息を引き取る。
遺言書に記されている莫大な財産の行方を巡って、犬神家の人々の中で殺人が起こっていく。
一族のおぞましい事件の解決に、これまで数々の難事件を解決してきた名探偵金田一耕助が事件の真相を追う。
 

犬神家の一族(1976)
犬神家の一族(1976)

posted with amazlet at 16.05.07
(2013-11-26)
売り上げランキング: 14,735

 

ナビ

原作者の横溝正史は、金田一耕助が宿泊するホテルの主人として出演しています。
2006年、主演の石坂浩二を再び据えてリメイクが公開されました。
 

おすすめしたい人

・ミステリー、サスペンスが好きな人
・ジメジメしていたり、おどろおどろしい雰囲気が好きな人
・金田一少年の事件簿や古谷金田一、渥美金田一、稲垣金田一などを観ているが、石坂金田一はまだの人
・菊人形の生首、湖の逆さ脚などをバラエティ番組のパロディとかでは観ているが、オリジナルを観たことのない人

 

感想

1976年公開の市川崑監督「犬神家の一族」は、これまでに何度も観てきました。
時々、ふと映画の雰囲気に触れたくなって、何度も観てしまう映画の一つです。
年末のテレビ番組「絶対に笑ってはいけない名探偵24時!」で「犬神家の一族」のシーンが使われていましたので、久しぶりに佐清の白いマスクが観たくなりました。
 
それにしても、1976年に公開されたので、今年でもう40年が経つんですね。素直にすごいですね。今観ても全然古びてないですし、昔のフィルムの感じや画面から立ち昇ってくるおどろおどろしい雰囲気は、良いお酒のように熟成されてさらに深みが増しているような感じがします。
 
そんな40年前の映画のパロディを2015年年末のテレビで放送するんですから、すごいものです。
 
犬神家の一族(1976)

 
有名なタイトルバックの文字のデザインは、今観てもかっこいいですね。
役者も皆若くて、坂口良子とか良いですし、NHKの「真田丸」では腹を括った逞しいおばあちゃんを演じている草笛光子も大人の色気があって良いです。
 
カットの小気味良い編集も切れがあって良いです。
トリッキーな編集も市川崑らしくて、何度も観ているはずなのに、観る度に新しい発見があったりします。
照明の当て方も、普通なら上から斜めから当てるものなんでしょうけど、市川映画では横から当てていますね。そうすることで、顔の凹凸が光と影の濃淡でくっきりと表情が見えたり、人物の微妙な感情を表したりしていて、影や闇をとても効果的に鮮やかに使用されています。
 
金田一耕助シリーズ以外にもこの手の名探偵ものはたくさんありますが、冷静に考えてみると、いくら名推理で事件の真相を明かしても、結局人が死んでるんですよね。もちろん、そんなことは野暮な話なんですけどね。
ただ、謎解きや奇怪な死体に目が行きがちですが、松子と佐清/静馬の関係のように、親を憎む感情や子を守る愛情や母を想うがゆえの行動は、国が違っても時代が違っても環境が違っても普遍的なテーマが描かれています。
ミステリーと血縁、人間の欲望や業は相性が良いんでしょうね。
 
ストーリーを知っていても、誰が真犯人か知っていても、それでも何度観ても鑑賞に耐えうるのは、行き届いた演出のテクニックやアイデアがいろんなところに散りばめられているからだと思いますし、根底には人間の欲や業や愛情がきちんと描かれているからこそ、今もなお魅了し続ける映画なんだと思います。
 

犬神家の一族  ブルーレイ [Blu-ray]
角川書店 (2012-09-28)
売り上げランキング: 25,207