アン・ハサウェイ主演・映画「マイ・インターン」感想

マイ・インターン

The Intern
2015年 / アメリカ / 121分
 
監督・脚本 / ナンシー・マイヤーズ

キャスト /
ロバート・デ・ニーロ(ベン)
アン・ハサウェイ(ジュールズ)
レネ・ルッソ(フィオナ)
アダム・ディバイン(ジェイソン)
アンダーズ・ホーム(マット)
ジョジョ・クシュナー(ペイジ)

 

ストーリー

自ら立ち上げたファッションサイトで成功を収めている会社のCEOとしてバリバリと仕事をこなし、幸せな家庭を持ち、絵に描いたような憧れの人生を歩む女性像を体現している女性ジュールズ(アン・ハサウェイ)が、仕事に家庭にと奮闘しながら、印刷会社で数十年勤め上げ、仕事に生きてきた70歳のシニアインターンのベン(ロバート・デ・ニーロ)との爽やかな友情を築いていくストーリーです。

 

 

ナビ

予告編などを見ると、
「プラダを着た悪魔」から9年ー 恋に仕事に頑張ってきたあなたの次の物語
の宣伝文句があります。
「マイ・インターン」は、「プラダを着た悪魔」でも主役を演じていたアン・ハサウェイが出演していて、仕事にプライベートに頑張る女性が主人公の映画ですが、続編ではありません。

 

ただ、主役のアン・ハサウェイ始め、色々と重なる部分や似ている部分はありますので、続編的な映画として観れないことはないと思います。「プラダを着た悪魔」が面白かった、好きだった方なら安心して映画の世界に入っていけると思います。
もちろん「プラダを着た悪魔」を観ていなくても全然観れます。
両作品を比較しながら観てみるとまた違った見え方がして面白いかもしれません。

 

マイ・インターン(字幕版)
(2016-01-13)
売り上げランキング: 1,435

 

プラダを着た悪魔 (字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 2,237

 

おすすめしたい人

・仕事に家庭(恋)に趣味に…日々忙しく頑張っている人
・最近ちょっと疲れてるかなと感じている人
・ちょっとイライラしている、気持ちがささくれ立っているなと感じている人
・リラックスして落ち着いた映画を見たい気分の人
・安心してハッピーエンドの映画を観たい人

もし今、仕事のことや家庭のことその他のことで追われ走り続けているなら、「マイ・インターン」は、一呼吸ついたり、そっと背中を押してくれたり、心をちょっとでもほぐしたりしてくれると思いますので、そんな時にこそ、そんな人にこそおすすめです。

 
 

感想・レビュー(結末に触れています)

ベン(ロバート・デ・ニーロ)は、仕事を引退した後、妻を失い、一人で今ひとつ張りのない老後生活を送っていました。ある日、広告でジュールズ(アン・ハサウェイ)の会社が募集していたシニアインターンに採用されたベンは、仕事を通して蓄積されてきた豊かな経験と幾度の困難をくぐり抜けてきたであろう知恵を通して、周囲の人たちの課題や悩みに紳士的にさりげなく手を差し伸べていきます。
インフォメーションテクノロジー、デジタル、インターネットの世界でも働くのは人間で、悩むんだり喜んだりするのは人間で、結局は人間で、ベンの経験や知恵でプログラムやアプリケーションでは解決できない問題を解決したり、人と人の関わりや心の迷いや戸惑いには何よりも人間の経験と知恵が必要なことだと気付かせてくれます。

 

ジュールズは、側から見ればカッコイイ現代の女性像ですが、実際は仕事に追われ毎日忙しい日々を送っています。
社用車に乗って移動している時でも電話やメールの送受信、ビデオ通話にと、どこにいても何をしていても絶えず周りには人がいて声をかけられたりして気を休められる時間は僅かしかなく、家庭では専業主夫の夫が家のことをこなし、かわいい娘もいますが、どうしても仕事が優先されてしまいがちの中では良き妻と良き母を何とかこなす努力に追われているような状況です。
ある企業のCEOのような重大な責任とプレッシャーを負う仕事じゃなくても、普通に仕事と家庭と両立するのは大変なことですし、難しいことだと思います。
もちろん、それは女性、男性に限らず、映画として誇張はありますが、普段の自分たちの生活も何かに追われ、余裕が無い状況に陥っていることはよくあることだと思いますので、身近に感じられました。

 

スケジュールやタスクに忙殺されている状況で、あれもしなきゃこれもしなきゃ、あれはどうなってるこうなってる、と忙し過ぎるジュールズにベンはさりげなく一呼吸をつけるようにブレーキをかけてあげます。急がば回れの要領でしょうか。焦っている時こその一呼吸が大事だと気付かせてくれます。
そして、迷い、悩み、落ち込んでいる時には、さりげなく紳士的に気持ちを受け止めてあげて、そっと背中を押してくれたり、励ましてくれます。

 

仕事に家庭に奮闘して物事は順調に運んでいると思っていても、やがて日々の忙しさの中に本当は大事にしなければならないことを置き忘れたままにしていたりして、ほんのちょっとした歯車のズレや不協和音が積み重なっていき、気づいた時にはそのズレが大きな過ちや人生の決断を要する事態になっていることがあると思います。

 

「マイ・インターン」は、ベンという仕事に生きてきた男の経験や知恵、姿勢、振る舞いによって、少し大げさかもしれませんが、現代の時間的にも気持ち的にも余裕が無くなってしまった若者を救う物語なんだと思います。
ベンは、経験値を武器に人助けをする年老いた異色のヒーローといったところでしょうか。

 

何よりもロバート・デ・ニーロのスマイルが素敵です。
この映画の枠をはみ出してしまっている要素とでも言いますか、マフィアや極悪人、ボクサーなど様々な役を演じてきたロバート・デ・ニーロという役者に対する安心感、安定感のようなもの、役者自身が醸す大きさ、深さがそのままこの映画の役であるベンに感じる安心感、懐の深さを感じさせているような気がします。
こんな素敵なスマイルの懐の深い人生の先輩がいたら、色々と相談したり頼ってしまいそうです。

 

舞台となっているニューヨークのブルックリンの街並みは本当に綺麗です。映画の中では、いつも晴れて光が降り注いでいて、木漏れ日が地面で揺れていて、本当に綺麗です。
映画を彩る音楽も落ち着いていて、柔らかくリラックスできるような雰囲気を作るのにプラスになっているように思います。

 

ベンがfacebookを始めようとして四苦八苦しているところをジュールズが手伝ってあげるシーンが素敵でした。
facebookでは、オンラインで友達の近況を知ったり、好みの映画や音楽を知ったりできますが、その登録の段階で躓いて格闘しているベンにジュールズは登録の手助けをしてあげます。
登録項目には、好きな映画や本の入力が必要で、ジュールズはベンに尋ねていきます。
このシーンの面白いところは、facebook上で友達のことを知るのではなく、facebookを始めるため前の段階でベンのことを知っていくシーンになっています。
よくある映画では経験値や知恵などアナログな価値観を肯定して、無闇にインターネットやSNSのネガティブな部分を持ち出してきては否定をしがちですが、「マイインターン」では、否定も肯定もしないで、facebookの登録を二人で入力していく場面をうまく利用することで、二人の距離を縮めるシーンになっています。
なんてことの無いない普通のシーンなんですけど、好きなシーンでした。

 

映画が始まる最初のシーンは、ベンが綺麗な緑溢れる公園で太極拳をしているシーンから始まります。
「マイ・インターン」のテーマ、メッセージを象徴しているシーンだと思いました。

 

太極拳を少し調べてみると、元々は武術の一つだったようですが、現代では健康法としてよく知られているようです。
ゆったりとした動きで、忙しい日常から解放してくれ、心身の緊張をほぐし、心の安定とやすらぎが得られる健康法です。

 

ネタバレのラストシーンに触れてしまいますが、太極拳をしているシーンは、映画の最初と最後のシーンだけです。
最後のシーンは、こんなシーンです。
ジュールズは映画のクライマックスである決断をしますが、その決断を公園で太極拳をしているベンに伝えに行きます。
ジュールズの今すぐにでも伝えたいはやる気持ちをベンは制止して、太極拳に誘います。
その良い知らせは太極拳が終わってから聞くから、まずは深呼吸して…手を広げて…一緒にゆったりと太極拳をしている二人の姿で映画は幕を閉じます。

 

「マイ・インターン」は、その太極拳のシーンが表すように、まずは一呼吸して、落ち着いてと、現代の駆け足気味の生活に疲れている人にリラックスを与えてくれるような映画だと感じました。
観終わった後は、冒頭と最後のシーンような緑溢れる公園の中でゆったりと過ごしているような穏やかで爽やかな気持ちになりました。

 

Intern / O.S.T.
Intern / O.S.T.

posted with amazlet at 16.05.07
Various Artists
Water Tower Mod Afw (2015-09-18)
売り上げランキング: 5,585